商品検索

検索
新着やスタッフおすすめ情報。
詳しくはこちら。

Please use our designated overseas delivery company.
*RED WING excluded
とっておきの1足を!
アウトレットはこちら。

カテゴリー

アメ横実店舗はこちら

(有)フットモンキー
〒110-0005 東京都台東区上野6-3-8
TEL:03-6806-0719
FAX:03-3834-1327


JR御徒町駅北口より
御徒町駅前通り
を上野方面へ徒歩約3分

会員ログイン

会員 I D
パスワード
ログイン 新規会員登録

パスワードを忘れた方はこちら

 

レッドウィング 正規品 RED WING 9098 キャバレーチャッカ ブラックチェリー





















ITEM INFORMATION
商品名 レッドウィング 正規品 RED WING 9098 [BLACK CHERRY "FEATHERSTONE"] CAVERLY CHUKKA キャバレーチャッカ ブラックチェリー フェザーストーン チャッカブーツ グロコードソール BOOTS ブーツ メンズ 店舗限定
商品説明 Caverly Chukka

レッド・ウィング クラシックドレス・ライン
レッド・ウィング社は、1905年、まだ開拓期であったミネソタで創業しました。 当時の靴は、ワークやハンティングといった用途のものでも、多くがレザーまたは薄いラバーソールを持っており、硬い先芯を持たないためか、スマートなつま先となっており、
今日の目で見るとドレスシューズに近い形をしていました。(ヘビーデューティーな用途のものは12インチ〜膝下丈に相当する16インチ、と丈の高いものでした。) また自動車の普及し始めた時代、1920〜1930年頃までは、道路の舗装も整っておらず、ワーク用でなくとも普段から6インチ丈を履いていたようで、このあたりの丈まではブーツではなくシューズと呼ばれていたようです。そのような時代の靴は、フォーマルな佇まいをもちつつも、実用性を主につくられ、履かれていたもので、今日のドレスシューズとワークブーツの間に位置するもののように思われる、独特の個性を持っています。
レッド・ウィング「クラシックドレス」ラインは、日本市場で愛されている数々のレッド・ウィングのルーツともいえるそうした靴の在り方を、今日のラスト、素材、パーツを使い、創業当時から続くレッド・ウィングの靴づくりで形にしたものです。

キャバリー・チャッカ
1920年代以降の資料が多く残っているレッド・ウィング社においても、1905年から約20年間の間、どのような靴があったかについては、あまり資料がありません。 そうした中で1906年のカタログ(といっても絵型は3つだけです)が、その時代の唯一のカタログとして残っています。
その少ない記録の一つに、今日でいうチャッカ型の腰革を持つ6インチ丈のブーツがあります。
一見、英国でジョージブーツと呼ばれるタイプの靴に似てはいますが、靴紐の配置などは、むしろ丈の高くしたチャッカといえます。
キャバリー・チャッカは、この6インチ・チャッカに着想を得て、ポストマンシューズに使われる210番ラストを使い、2015年春に発売されました。ソールには、オハイオ州のリマ・コード・ソール&ヒール社が1920年代にレッド・ウィング社のために開発したラバー製のソール、グロコードソールの底面のデザインを用い、レザーにラバーの半張りをプリセットした新たなソールとして開発し、組み合わせました。
道路の舗装や側道に時としてウッドブロックを使ったりしていた当時は、コード(細いワイヤーや紐)の切れ端の断面を底面に向けて混ぜ込んだ、「コードソール」が滑りをよく防ぐ靴底として重宝されており、グロコードソールはそうした時代にレッド・ウィングの多くの靴に使われていたものです。1940年代に入り道路環境が整うと、このコードの断面を活用した滑り止め仕様は意味をなくし、ワークブーツのラバーソールの主流は次第にコルクソールにとって代わられましたが、それ以前の時代のレッド・ウィングの象徴的なソールとして、このグロコードの名前とトレッドパターンを再現したものです。レザーには2015年春の発売となる現行のキャバリー・チャッカには、ヘファーハイド(若い未経産の牝牛の皮)に、銀面(革の表面)をレジンで固めた「エスカイヤ」レザーを使用しましたが、今回追加となるモデルには、ベックマンブーツで使われているワックスの効いたアニリン染めレザー「フェザーストーン」を使用しました。いずれも成牛の原皮をベースとしながら、ワークブーツ・レザーと一味違う、ドレス感を持ったレザーです。
アッパー BLACK CHERRY "FEATHERSTONE" (ブラックチェリー "フェザーストーン")
ソール GRO CORD SOLE (グロコードソール)
ラスト LAST No.210
ポリスマンやポストマンに供される、ドレスシューズタイプのユニフォームシューズやサービスシューズを作るために開発されたラスト。 1954年に発売されたポストマン101にも使用されている。その後、そのベーシックな形から、ドレスタイプの靴だけでは無く、ワークチャッカやレースアップのブーツなど幅広いモデルに使用されるようになった。比較的、土踏まずの高い足にフィットする設計となっている。
ワイズ D
生産国 アメリカ
足入れ 一般的な革靴よりやや大きめ。スニーカーよりもかなり大きめ。
備考 ★最新の在庫状況の更新に努めておりますが、実店舗や姉妹店でも販売を行っておりますため、売り違い等で商品をご用意出来ない場合もございます。予めご了承くださいませ。
RED WING レッドウィング 商品一覧はコチラ

商品名 : レッドウィング 正規品 RED WING 9098 キャバレーチャッカ ブラックチェリー

商品コード : rw-9098

希望小売価格 : 49,680

価格 : 49,680円(税込)

ショップポイント : 4,968

数量 :    在庫確認

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー x サイズ

US6.5(24.5cm)US7.0(25.0cm)US7.5(25.5cm)US8.0(26.0cm)US8.5(26.5cm)US9.0(27.0cm)US9.5(27.5cm)US10.0(28.0cm)US10.5(28.5cm)US11.0(29.0cm)
9098残りわずか在庫あり在庫あり残りわずか在庫あり在庫あり残りわずか残りわずか残りわずか残りわずか

ショッピングカートに入れる

 5,400円以上は配送料無料

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません