toggle
2017-11-09

Locking Shoes ロッキングシューズ× IMPROVE MYSELF インプルーブマイセルフ

Pocket

【Locking Shoes ロッキンシューズ】
「LockingShoes」は2010年よりスタートした当店オリジナルのシューズブランドです。
ヨーロッパ製、日本製をメインに若者向けのカジュアルシューズから落ち着いた感じの大人のシューズを扱っております。


大量生産する事は無く熟練の靴職人が1足、1足丁寧に仕上げるクオリティの高い靴となっています。

【IMPROVE MYSELF インプルーブ マイセルフ】
「IMPROVE MYSELF」は革靴や革製品関連の会社・工場が集積する東京・北千住にて、主にメンズのレザーシューズ・レザーブーツを手がけるブランド。1962年設立の靴づくりの町工場の自社ブランドです。
ブランド名である“IMPROVE MYSELF”には、これまで蓄積されてきた靴づくりの技術と知識、古き良きものをリスペクトしつつ、自分たちの新しいアイディアや感性をプラスし、よりよいものづくりの追求を通じて、自分たち自身も向上させていきたいという思いが込められています。

当店オリジナルブランド「LockingShoes」と1962年設立の靴づくりの町工場の自社ブランド「IMPROVE MYSELF」のダブルネームスニーカー。

脱ぎ履きの楽さが魅力のベルクロシューズ。
カジュアルからトラッドまで、幅広いスタイリングを楽しめるプレミアム感たっぷりのアイテム。
北米が誇るレザーカンパニーのホーウィン社のレザーを贅沢にもアッパーに使用したモデル。
ライニングもレザーにて作られているため、スムーズな履き心地を実現。レザー本来の落ち着いたカラーリングとブーツと同様な素材を使用している事から履き込む事で風合いが増し、経年変化が楽しめます。

HORWEEN CHROMEXCEL (ホーウィン社 クロムエクセルレザー)

ホーウィン社は、1905年にアメリカはシカゴにて創業された皮革鞣しのメーカーです。100年以上、徹底した変わらぬ伝統手法で鞣す革に関しては、他の革と比較出来ぬほど美しく繊細で、かつ屈強な面も持つ唯一無二の存在感があります。

このホーウィン社が誇る有名な革は2種類あり、“クロムエクセルレザー”と“シェルコードバン”が代表として存在し、特にシェルコードバンに関しては革業界での名称で、“革のダイヤモンド”とも言われる程美しい、という評判が御座います。

100年にわたり未だに“手作業で革を鞣す”このホーウィン社が定めるクロムエクセルレザー。拘りは加工の前より徹底しております。

革に関しましては、全てステアハイド(生後3~6ヶ月以内に去勢された生後2年以上の牡牛の革で、牛革の中で一番の強度を誇り、ライダースなどに使用されます。)を集め、タンナー(職人)が一枚一枚の原皮を確認した後におよそ“2.5㎜厚以上の原皮”のみを選別します。

クロムエクセルレザー(Chromexcel)は、実はほぼ100年前に開発された手法で、選別によって選び抜かれた原皮を“コンビなめし”という方法でなめし、牛脂、蜜蝋、植物性脂,魚脂などの計4種類以上の油脂をブレンドした、特性オイルを塗りこみ皮革に浸透させた牛革の、Horween社独自の製品名になります。

通常の皮革は、作業効率等をメインにし加工を行うので一般的には“石油”等の浸透率の良い素材を使用し、革に科学的視点から油を染み込ませる手法を使いますが、ホーウィン社の革は通常の何倍もかけ、人為的にではなく“皮のペース”でじっくりと油脂を漬け込み、染み込ませる事によって、革はベルトに使われる程厚いにも関わらず、油分が多くその質感や重厚感が他の革とは比べられない独自の雰囲気が注目され続けています。

 

Pocket

上野 アメ横 フットモンキー公式ブログ



関連記事
Comment





Comment




レッドウィング

ローリングダブトリオ

ロッキングシューズ

アビレックス

トリッカーズ

ブラザーブリッジ

バーウィック

ビルケンシュトック

チペワ

カミナンド

コンバース

ドクターマーチン

ハーレーダビットソン

ニューバランス

ニックスブーツ

ピストレロ

リーガル

スピングルムーブ